「ミラクルちゅーんず」メンバーの現在は?出演者の歌やダンスも人気だった物語の動画を見る唯一の方法

ガールズ×ヒロイン!シリーズの元祖である「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」はご存じですか?

EXILEを中心としたLDHのバックアップのもと「テレビドラマ主役オーディション」を行った女の子の特撮系ドラマです。

他にもタカラトミーと小学館の少女向け漫画誌『ちゃお』と女児向け雑誌『ぷっちぐみ』が共同で企画したものです。

パイロットの監督は総監督の三池崇史が務め、メイン監督に山口義高、その他横井健司、西海謙一郎、本作品で初監督を務める倉橋龍介が務めています。

仮面ライダービルドの脚本を、「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」や「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」の脚本を務める武藤将吾さんが務めたように、この手の子供向け特撮ドラマも年々本気度が上がっているように感じます。

ちなみに、このミラクルちゅーんずは、ガールズ×ヒロインシリーズの中でも人気が高く、いまだに最高傑作と言われている作品です。

それ故にか、イタリアでリメイクも決定しているようです。

今回はその未だに人気の「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」について紹介していきたいと思います。



「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」のあらすじ

「ライブスタート!悪いハートをチューニング!!」

人間界とは異なる世界である音楽の国。

この国には持つ者に不思議な力を与える『サウンドジュエル』と呼ばれる宝物があった。

これに目をつけた世界征服を企む魔王は毒毒団を率いて、音楽の国を支配し『サウンドジュエル』を奪った。

魔王はこの宝物を悪に染めて『ネガティブジュエル』へ変質させ、それを拾った人々が悪に染められることとなった。

これを救うべく妖精リズムズであるポップン、ロッキー、くらのすけが人間界に行き、3人のアイドルユニット『miracle2』(ミラクルミラクル)とともに、アイドル×戦士『ミラクルちゅーんず!』を結成する。

世界の平和を守るため『サウンドジュエル』の力を用いたダンスや歌の力で悪を倒し、『ネガティブジュエル』を清め、元の『サウンドジュエル』に戻し、取り返していく。

「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」のキャスト・ネタバレ

【miracle2(ミラクルミラクル)】

ラズベリーミュージック所属のアイドルグループ。

芸能活動の傍ら「アイドル戦士ミラクルちゅーんず!」として魔王の野望を阻止するために戦っている。

内田亜紗香 役:一ノ瀬 カノン(いちのせ カノン)

主人公。

miracle2のメンバーであり、ミラクルちゅーんず!の団長。

おっちょこちょいだが、明るく元気な小学6年生。

寮での生活ではいつも朝寝坊している。

11月18日生まれ。

イメージカラーはピンク。

足立涼夏 役:神咲 マイ(かんざき マイ)

miracle2のリーダー。

しっかり者のトップアイドル。

ミラクルちゅーんず!の中では一番お姉さん。

料理のセンスに難があるが、本人はあまり自覚していない。

他の二人より先にアイドル戦士として活動している。

母が亡くなっているため、父子家庭で、父はウィーンに単身赴任中。

中学2年生。

9月23日生まれ。

イメージカラーは紫。

小田柚葉 役:橘 フウカ(たちばな フウカ)

miracle2のメンバー。

クールな天才ダンサー。

両親は医師で、日本を離れて危険な地域で働いている。

現在は祖父母との3人暮らしである。

中学1年生。

1月13日生まれ。

イメージカラーは水色。

【カリカリ】

miracle2の最大のライバルグループ。

miracle2と同じラズベリーミュージック所属。

グループ名の由来は、2人とも名前が「カリ」で終わることから。

第14話でmiracle2の代わりに毒毒団に立ち向かい、その際に覚醒し2人同時にミラクルちゅーんず!の一員になり、またmiracle2にも新メンバーとして加入した。

薄倉里奈 役:白鳥 アカリ

ヒカリの姉。

負けず嫌いで時には厳しい発言をすることもあるが、根は仲間思い。

中学1年生。

4月2日生まれ。

イメージカラーは金色。

西山未桜 役:白鳥 ヒカリ

アカリの妹。

プロ意識が非常に高いが、プライベートではかなりのマイペース。

中学1年生。

3月28日生まれ。

イメージカラーは銀色。

小野真弓 役:柚原 真弓(ゆずはら まゆみ)

miracle2のマネージャー。

miracle2を温かく見守っている。

元アイドルで、アイドル戦士でもあった。

大鶴佐助 役:コジロー

miracle2のメイクアップを担当。

普段はオネエキャラだが、実は元不良でキレると別人のように恐ろしくなる。

雛形あきこ 役:鈴原 雪江(すずはら ゆきえ)

miracle2を世話をする寮母。

実は音楽の国の妖精だったことが最終話で明かされた。

本来の姿は非常に小さい。

匠 役:澤登 和也(さわのぼり かずなり)

miracle2の音楽プロデューサーを担当。

舞羽美海 役:音楽の女神

音楽の国を統治する女王。

その正体はマイの母親が死後に「音楽を愛する心」によって転生した姿である。

日野まり 役:ポップン

カノンの相棒である妖精。

ポップ・ミュージックが好きなピンク色のリズムズ。

語尾に「~プン」をつけて話し、「ブラボーだプン!」が口癖。

平口茉悠子 役:ロッキー

マイの相棒である妖精。

ロックが好きな紫色のリズムズ。

荒っぽい口調で話し、「ロックだぜ!」が口癖。

森優子 役:くらのすけ

フウカの相棒である妖精。

クラシック音楽が好きな水色のリズムズ。

丁寧な口調で話し、「エクセレントでございます!」が口癖。

吉元れいか 役:アルム

アカリの相棒である妖精。

女神様を警護する金色のリズムズ。

お嬢様のような口調で話す。

森永千才 役:ソプラ

ヒカリの相棒である妖精。

女神様を警護する銀色のリズムズ。

語尾に「~の」をつけて話す。

ジェームス・ジラユ 役:魔王

闇の世界の王。

第1話でクリスタルメロディボックスを破壊し、音楽の国を支配した張本人。

女神の力で封印されていたが、クリスタルジュエルボックスが復元されたと同時に封印を破り復活。

新たな魔物を生み出して人々から「音楽を楽しむ心」を奪い始める。

ミラクルちゅーんず!によって浄化され消滅したと思われたが、最終回にて実は復活しており毒毒団のメンバーと共に「ワクワク団」としてアイドル活動を行っていることが明かされた。

把瑠都 役:ウノー/サノー

魔王の力で新たに誕生した二人組の巨漢の魔物。

ヘッドギアに、それぞれ「うのう」「さのう」と書かれている。

音楽の国に通じる鏡を破壊し、さらにスーパーネガティブジュエルを東京近郊にばらまいた。

ウノーはパワーで、サノーは瞬間移動でミラクルちゅーんず!を苦しめたが、ファイナルモードに変身したミラクルちゅーんず!の5人に『クリスタルチューンアップ』でチューンされた事で正体を現した。

正体はウノーが亀、サノーが兎。

深水元基 役:溝落 健二(みぞおち けんじ)

毒毒団の団長。

ネガティブジュエラーを生み出す毒毒団をまとめている。

鳥居みゆき 役:根地替 女史(ねちがえ じょし)

毒毒団の紅一点のメンバー。

寝ているといつも首を寝違えてしまうおかっぱヘアーの魔女。

冨浦智嗣 役:小村返 博士(こむらがえり はかせ)

毒毒団のメンバーの博士で、使えない発明ばかり作っている。

この毒毒団は魔王配下の三人組。

ネガティブジュエルを使って、特定の人間を怪人状態に変え、街を混乱に陥れている。

後に改心し、最終回では「ワクワク団」としてアイドル活動を行っていることが明かされた。

「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」の設定

カノン、マイ、フウカ、アカリ、ヒカリの5人組アイドルユニット「miracle2」は、音楽の国の妖精リズムズにより、アイドル戦士「ミラクルちゅーんず!」に変身する。

5人全員共通で、「ジュエルセット!」の掛け声でカノン・マイ・フウカは「ミラクルポッド」アカリ・ヒカリは「ミラクルブレス」に変身用のサウンドジュエル「アイドルジュエル」を装填し、「ライブスタート!」の掛け声で、それぞれ順番に、「コールミー○○(変身するメンバーの名前)!」の掛け声で、それぞれメンバーに沿った違ったダンスを踊りながら変身する。

変身後は全員で「私たち、アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!悪いハートをチューニング!!」と名乗ってポーズをとるようになる。

その際の立ち位置は当初は向かって左からマイ・カノン・フウカの順に立ち、アカリとヒカリは加入後にヒカリはマイの隣に、アカリはフウカの隣に立つ。

また変身後に別のサウンドジュエルを使用することでフォームチェンジし、敵に合わせて戦い方を変えることもできる。

変身後の基本的な流れは、敵をひるませたところで全員共通のダンスシーンとなり、このダンスによって放たれた必殺技「ミラクルチューンアップ」によって敵が浄化され元の人間に戻る。

同時に体を乗っ取っていたネガティブジュエルが飛び出し、サウンドジュエルの状態に戻り回収される。

(この際に、サウンドジュエルを変身アイテムにセットすることで、妖精がそのサウンドジュエルの情報を解説し、ミラクルちゅーんずは「○○ジュエル、ゲット!」と掛け声をあげている)

「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」の感想

冒頭でも紹介しましたけど、このミラクルちゅーんずは、ガールズ×ヒロインシリーズの傑作だと思います。

今のところ他には、マジマジョピュアーズとファントミラージュが放送されています。

マジマジョピュアーズは、魔法戦士という事から、物語の芯となる部分が欠けているようにも感じました。

そして、遠藤憲一さんも出演しているのですが、ちょっとおふざけ要素が強いかな?という感じです。

おふざけ要素として、ファントミラージュも強いですね。

ミラクルちゅーんずも、おふざけ要素はあるのですが、マジマジョピュアーズやファントミラージュ程ではないです。

ミラクルちゅーんずはアイドルとしての成長も描かれているし、敵対する悪との戦いだけではないんです。

アイドルとしての成長も描かれているからこそ、ストーリーにメリハリが出ているような気がします。

それ故に歌もダンスもミラクルちゅーんずの皆頑張っているように感じました。

マジマジョピュアーズやファントミラージュのメンバーを中心としたユニット、『Girls²(ガールズガールズ)』では歌も踊りもみんな頑張っているので、やはり物語の内容故に、歌やダンスの面が目立っていなかった・・・と感じます。

『Girls²(ガールズガールズ)』にミラクルちゅーんずから所属しているのは、橘 フウカ役を演じた小田柚葉さんだけなのが、ちょっと寂しいですね。

もしかしたら他のメンバーもこれから何らかの形で出てくるかもしれませんし、楽しみにしたいですね。

その中でも一番可能性が高いのは、最初からミラクルミラクルのリーダーであり、番組当初からトップアイドルとしていた神咲 マイを演じる足立涼夏さんです。

これからの彼女たちの活躍に期待したいです!

「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」の動画全話配信はHuluのみ!

「ミラクルちゅーんず」メンバーの現在は?出演者の歌やダンスも人気だった物語の動画を見る唯一の方法

このガールズ×ヒロインシリーズでも、何故か全話配信されているのは『Hulu』のみです。

ミラクルちゅーんずが配信されているので、マジマジョピュアーズも配信されるのかなぁ?

と思っていたら、何故か配信されません。

なので、何故かHuluで全話配信されているのはミラクルちゅーんずのみです。

「ミラクルちゅーんず」メンバーの現在は?出演者の歌やダンスも人気だった物語の動画を見る唯一の方法

このミラクルちゅーんずも、いつHuluでの配信が終了してしまうかも解らないので、ミラクルちゅーんずが好きな方は、是非Huluで全話ご視聴くださいませ!!

ガールズ×ヒロインシリーズが見放題なのは、貴重なので、お見逃しなく!
 
 
「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」を全て観るなら!Huluの無料お試しはコチラから
 

【関連記事】

ミスシャーロックに続編は?月9ドラマ「シャーロック」より面白い?竹内結子演じるシャーロックとは

ドラマ「木更津キャッツアイ」のあらすじネタバレ!第3話が話題に出た嵐の櫻井翔の秘密とは

「ニッポンノワール」1話の視聴率は7.8%!3年A組のキャストも出演する今期注目のドラマを考察

映画「ダークナイト」のあらすじ・ネタバレ!キャストも狂わすジョーカーの狂気と闇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。